出雲うまいもの市場
こんにちは ゲスト さん
マイページ新規会員登録
(29年産)玄米10
(29年産)玄米10
     
■商品名( 商品番号:1107211 )
(29年産)玄米10
■規格
29年産玄米10圈1袋
■価格(消費税・送料込み)
■数量  

※お客様のご都合による商品の返品はできません。
詳しくはこちらをご覧ください。

島根が全国に誇るブランド米「仁多米」は西日本で唯一「特A」を獲得したコシヒカリ100%の良質米です。

 

 

 

 

 

 

島根県奥出雲町は、西日本でも有数の米どころとして知られています。日本穀物検定協会の食味ランキングに於いて、 唯一「特A」に挙げられるほどの実績があり、「西の横綱」 といわれる美味しいお米の産地です。


出雲國仁多米玄米10圈 柄料・税込)

 


良質米の条件がそろった奥出雲仁多米はつややかで弾力と粘りがあり、ふっくらとモチモチ。

噛めばかむほど甘みと旨みが広がり米本来のおいしさを味わえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仁多米の美味しさの秘密。良質な水、芳醇な土壌、特有の気候風土

美味しい仁多米ができるには奥出雲の土地でないといけない3つの理由があります。

1.良質な水

仁多郡は面積の約9割を占める豊富な森林に覆われています。
雪解けの花崗岩から湧き出し「ミネラルたっぷりの岩清水」が仁多米を育み、他には味わえない甘みを注ぎこみます。

 

 

 

2.芳醇な土壌

仁多地方では昔から家族の一員のように和牛を飼育しています。
長年にわたって堆肥による「土づくり」が行われ、現在の水田がつくられました。

 

 

 

 


3.特有の気候風土

水田は標高300〜500mにあります。
「昼夜の激しい寒暖の差」が良質なでんぶんを夜中しっかり穂に貯めて米に深い旨みを醸し出します。
この奥出雲特有の気候風土が西日本屈指の米を生み出します。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥出雲ってどこ?

仁多米の産地仁多郡奥出雲町は中国山地の麓、宍道湖にそそぐ斐伊川上源に位置し、広島と鳥取の県境と接しています。「ヤマタノオロチ伝説」など多くの神話や伝説の息づく地でもあります。名勝天然記念物「鬼の舌震」や「奥出雲おろちループ」など四季折々に美しい景観が楽しめる名所・旧跡が数多くあります。

奥出雲仁多

奥出雲のさわやかな秋晴れの中、黄色い稲穂が一面中に広がります。稲刈り中・・・

 

奥出雲仁多

昔ながらの「はで干し」は手間がかかります。天日乾燥でおいしさがグッと増す。



 
仁多米はご飯本来の粘りと甘味のあるお米です。ふっくらできたてをお楽しみください。


■奥出雲仁多米の商品一覧

■一緒にこんな商品もいかがですか?
ページの先頭へ
【運営・管理】株式会社 一畑百貨店 〒690‐8555 島根県松江市朝日町661番地 TEL 0120‐985‐141 Copyright(C)Ichibata Group All right Reserved.